生前整理をしておけば家族が助かる|プロに依頼

作業員
ダンボール

気持ちよく整理するために

本人が生きているうちに財産などを処分する生前整理をするには、まずは信頼できる業者選びをすることが求められます。業者の見積書に納得してから契約しましょう。生前整理の当日は、分別ルールを守って仕分けや梱包をします。

ダンボール

優良な業者と言える要素

終活ブームの影響で、生前整理をする人が増加すると整理業者も増えていきました。公式サイトを持っていて、できれば遺品整理や生前整理を専門に行う業者の方が、多様化した要望にも応じてくれます。料金体系が分かりやすいかも重要です。

作業員

遺品整理前の片づけ

生前整理は本人が元気な間に所有物や財産を整理することです。生前整理業を依頼するときは財産目録作成などのアドバイスができるか、料金と作業のバランスがとれているか、見積書の作業料金が明確に記載されている点をチェックします。対応の早さや態度についてもチェックして選ぶようにします。

業者の選び方

荷物

生前整理は自分の死後に残された遺族が、相続問題などで苦労しないように財産や持ち物を整理しておく事です。相続を考えた場合は争続にならないように、まずは財産目録を作ります。これは通常相続が起きた時に行うものですが、それを生前にします。特に生きている内に自分の意思を反映したい場合にも有効です。また身の回りのものは不要なものは捨てるようにします。本当に必要なものだけを残しておく事が大事です。さらには、今住んでいる家を売却して、そのお金で老人ホーム入る、または子供が独立しているので家が大きすぎるから引っ越しを考えている、このような場合も生前整理といいます。これ以外には家の中で空き部屋になっている部屋を整理する、このような場合も生前整理にあたります。ではどの業者に頼めばよいのでしょうか。業者は不用品回収業者・生前、遺品整理業者がありますが、それぞれ特徴があります。単に捨てるだけの手伝いであれば不用品業者で良いですが、財産や身の回りの整理も兼ねるとなると不用品業者では場違いで生前整理業者にお願いする必要があります。この業者は全国に複数ありますが、料金システムが明確であるかをまずポイントして考える必要があります。料金が追加でかかってくるなど悪質な業者もありますので注意が必要です。また部屋の整理時に貴重品を持ち出す悪質な業者もいますので、整理風景を録画するなど、万全な準備をしている会社を選定する必要があります。